はじめに。

都合により、コメント欄をとじさせていただきました。
コメントをいただいたのに、申し訳ありません。励ましのお言葉、ありがとうございます!
これからも、このサイトとブログを、よろしくお願いします。

あらためて、こんにちは。嫁です。

いよいよ2月になり、「いつ開くの?」とよく聞かれるのですが、

寿司カウンターの工事が
まだ始まってもいない

という噂は本当です。
ドイツ人にこの話をすると、全員が「そうであろう」という反応をよこします。

「工事は遅れるもの」というのは、常識なんですね!

とはいえ、ただ黙って待っているわけもなく、夫は忙しく準備をしています。

先週末は、バイトの男の子2人がかけつけてくれ、必要ない部分の解体作業をしました。



 ↑ 座席を取り外しました。ここに寿司カウンターがきます。



↑ ステンドグラスも外しました。ここに、和紙風の素材をはめ込みます。

ペンキやさんは作業を開始しましたが、このようなカオスな状態です。
それでも、私たちは、「2月中に開店」の夢を捨てていません。
みなさん、おたのしみに!!
こんにちは、嫁です。 ちょっと立て込んでいて、少しの間ホームページもブログも完全に放置しておりました。
 
今日は、シュトゥットガルト日本人会の新年会に、夫と参加したおり、広告の重要性を痛感した次第で、いまからあわててホームページに手を入れようとしているいま、その瞬間です!
 
新年会にも手ぶらで行ってしまい、
「もっと宣伝したほうがいいよ」とのアドバイスを、皆様からいただきました。

幸い、チラシと名刺が途中で届き、一気に皆様にお知らせさせていただきました。
 
開店は、2月半ばの予定です。よろしくおねがいします!!

日本人会の新年会では、久しぶりに会う方たちとお話できたり、知り合えたり、ホットサンド・メーカーが福引であたったりして、とても楽しく過ごせました。

このような活発な交流の場のひとつに、将来はなれたらいいな、と考えています。
 
2012年が、皆様にとって素敵な年になりますように、願いを込めて!
こんにちは。今日から冬休みに入り、本格的に卒論執筆に取り掛かれるようになった嫁です。

ちなみに、フツーのドイツの大学生は、卒論を書くためだけに3ヶ月ももらえるそうです。(休みとは別に)
うらやましいですね。

昨日は、私が1学期終了したので、お祝いに Trollinger さんでお食事をしました。
ステーキとワインが有名なドイツ料理やさんで、ここはいつもお客さんでいっぱいです。
席数も200くらいありそうです。

そしてこのお店は、「レストラン黒瀬」と同じ建物にあるんです。
Feuersee という池に面してテラス席があり、夏はいつも満席。

まずバーデン・ヴュッテンベルク州(地元)ワインで乾杯。



ドイツワインは、よくこういう持ち手つきカップで出てきます。
銘柄は忘れました。・・・というか夫が注文したので見てなかったです。



夫が食べたのは「パワーステーキ」
ドイツのレストランではではめったに見られない、半生めだま焼きがのっています。
やけ具合もバッチリだったそうで、夫は絶賛しておりました。

ここはステーキ屋さんだけあって、神戸牛を売っていました。
250グラムで、68ユーロでした・・・。
私は日本でも、そのような高級肉など経験したことがないのでわからないのですが、神戸牛ならむしろ安いくらいなのかも。



私はお肉を食べないので、マグロステーキを注文。
マグロは普通でした。
付け合せの野菜オーブン焼きがおいしかった。
それと、横にあるジャガイモにソースがかかってスプーンが突き刺さっているのは、以前、別のドイツ料理屋さんで、あまりのマズさに怒りすら覚えた料理(?)ですが、これはおいしかった。
手作りのマヨネーズとヨーグルトのソースがおいしかったということです。

ほかにも、マウルタッシェなど、この州の名物料理がそろっています。
店内の雰囲気もいい感じです。
お肉が好き、ステーキにはちょっとうるさい、という方はぜひ食べに来てみて下さい。
とってもお勧めです。

嫁でした。

 こんにちは。
広報担当の嫁です。

といっても、自分の学業が忙しすぎて、ぜんぜん時間がありません。お店のためにできることといったら、ブログを更新することと、夫の話し相手になることぐらいです。
ホームページも作らないといけないのですが、まだ着手できておりません・・・。

今日も、夫は調整のためにお店に行ったようです。



前の借主からいろいろ引き継ぎながら、設備のチェックなどをしています。

仕入先のことや、内装工事のことなど、打ち合わせの日がどんどん決まっていきます。
どうぞこれからもよろしく。

夫は労働局にも、定期的に行かなければいけません。次の予約の日に、なんと朝の7時半に来いと言われたそうです。
ドイツ人は早起きだというけど、7時半はいくらなんでもひどいと思います。



これは、道路側のテラス席です。
このほかにも、中庭に気持ちのいい席がありますよ。夏場はビアガーデンでお楽しみください。


はじめまして。

ドイツ7年目の料理人が、、このたび Stuttgart で新しい和食レストランをオープンしようということになりました。
これ書いているのは、広報担当の嫁(いまだに学生)です。

よろしくおねがいします。

先月、ようやくわたしたちが、賃貸契約を達成したレストランが

Rotebuehl str.50

でございます。Sバーンの Feuersee という駅の、出入り口のすぐそば。

開店は2012年1月末か、2月の予定です。



前は、ドイツ料理屋さんでした。(見ればわかると思うけど)
細部にいたるまで、丁寧にカントリー風でムダにロマンチックな感じになっておりますね!

この内装を、これからいかにシンプルに、和風にしていくか、夫と、内装デザイナーの腕の見せ所です。
がんばってください。

 

↓ これは、飲み物カウンターです。
前のオーナーが、グラスとか、お酒とかお茶とか、装飾とか、いろいろ置いていってくれてます。

このステンドグラスとか・・・前のオーナーのこだわりを感じさせますが、残念ながらもう外されます。



このブログは、お店のHPにリンクしております。

お店のHPは、嫁の手作り!で、まだ完成しておりませんが、

http://kurose-stuttgart.com/

も見て行ってくださいね。

嫁でした。